伊豆大島へのアクセスは?

離島への旅は憧れるけど、行くのが大変そうと二歩足を踏んでしまう人もいるのではないでしょうか。そんな人にビギナーの島旅としておすすめしたいのが、伊豆大島への旅です。 伊豆大島は、伊豆半島からは約30kmと静岡県に近いですが、実は約120km離れた東京都の島です。東京や横浜から夜行の定期船が出ていて、夜に乗ると翌朝早くに着くので、一日を有効に使うことができます。また、東京の他、熱海などからは高速のジェット船が出ていて、東京からは約1時間45分、熱海からは約45分で着きます。また、調布飛行場からの空路では25分という近さです。

 

伊豆大島は海と大地の自然の宝庫

伊豆大島は伊豆諸島でもっとも大きな島で、海底からそびえる活火山の三原山を中心とした島です。生きている地球を体感できる陸地と、はるかに広がる透明度の高い海が迎えてくれます。黒潮が近くを流れているため温暖な気候が特徴で、一年を通じて楽しむことができます。 ジオパークに指定されている島内は自然の見どころが多く、ハイキングコースやサイクリングコースなどが準備されています。自分のペースでまわることもできますし、ガイドツアーなどもあります。また、海では、海水浴はもちろん、独特の自然を満喫できるダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。本土から近いわりに熱帯魚など見ることができるという意外性もあります。また、釣り好きには、有名な憧れのスポットとなっています。 また、火山島ならではの豊富な温泉も欠かせないお楽しみです。海の幸山の幸を堪能できるという魅力も忘れてはいけないポイントです。